【後編】VR(バーチャルリアリティ)とは? PSVRなどハイエンドHMDを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
PSVR

先日から開始しました、サブカテゴリー「VR(バーチャルリアリティ)」に関しまして、最新の情報を追加して行きたいと思います。

今回は、「【前篇】VR(バーチャルリアリティ)とは? ハコスコ、GearGear VRなどスマホ向けVRゴーグルを紹介」の後編となりまして、特にハイエンドVR(バーチャルリアリティ)に関して紹介したいと思います。

ハイエンドVRとは?(HMD)

今回ご紹介するのは、PSVR(PlayStation VR)、HTC VIVE、Oculus Riftの3台になります。

先日紹介した、「モバイル版VRゴーグル」では体験出来ないような高い没入感を体験できるHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を利用したVR体験機器になります。

世界中で考えると沢山のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)ブランドがあるのではないかと思われます。
その中でも特に有名で、利用も多くされているものをご紹介したく思います。

PSVR(PlayStationVR)


PlayStation VR PlayStation Camera同梱版
日本の一般人向けには、一番知られているVR機器ではないでしょうか?2016年10月に発売され品薄が続き、最近でこそ追加販売時には比較的手に入りやすくなってきたようです。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、全世界でPSVR(PlayStation VR)の販売台数が100万台を突破したと発表している。
販売台数参考:日本経済新聞記事

日本での販売台数は恐らく20万台には届かず15万台前後なのではないか?と勝手に予測しておりますが、この台数が多いか少ないかと言えば、まだまだ少ないのではないかと思われます。

私もPSVR向けにコンテンツを提供した経験がありますが、当然マーケット(販売台数の数)にコンテンツの販売数は比例します。
なので、TOPクラスの人気になっても事業として、決して楽観できるレベルではないです。

今後のエンタメ領域でのVR普及は、PSVR(PlayStation VR)が鍵を握っているのかも知れません。

ご存知の方も多いとは思いますが、PSVR(PlayStation VR)は、PlayStation4(500GB:29,980円)を親機として動作します。
基本的に、座ってゲームコントローラーかモーションコントローラー(PlayStationRMove:4,980円)で遊ぶ事になります。

最近では、シューティング系ゲーム向けに、シューティングコントローラー(PSVR専用)も発売され、没入感や体験勝ちを高めています。

図:PlayStationRVR シューティングコントローラー 5980円(税抜)で販売

このようことから、ゲームを中心にエンターテイメント向けコンテンツが多くなります。

PSVR販売情報

価格:44,980円(税抜) ※PlayStation®Cameraカメラなし

価格:49,980円(税抜) ※PlayStation®Cameraカメラ同梱

商品内容:
VR HMD(ヘッドマウントディスプレイ) × 1
プロセッサーユニット × 1
VRヘッドセット接続ケーブル × 1
HDMIケーブル × 1
USBケーブル × 1
ステレオヘッドフォン(イヤーピース一式)× 1
電源コード × 1
ACアダプター × 1
PlayStation®Camera × 1(カメラ同梱版のみ)
PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

初期費用をざっくりと計算すると、コント‐ローラーを2種類購入しても、10万円以内で購入が可能になります。
これだけ見るとかなり高額に感じますが、この後にご紹介するハイエンドVR HMD(一式)に比べると、一番安く始める事が可能になります。

PSVR(PlayStation VR)コンテンツ紹介

『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』コラボ!

テレビ朝日系で、現在放送中の『仮面ライダーエグゼイド』の夏の映画!『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』ではPSVRをベースにしたコラボが実現し、映画は、8月5日(土)より全国で公開中です。

映画内では、変身アイテムで、「幻夢VR」が登場します。そのアイテムによりエグゼイドは新型フォーム”クリエイターゲーマー”に変身する事ができ、VR世界と現実を行き来したストーリーが展開されているとのことです。

更に映画公開記念としてPlayStation Storeで配信される、PS VR専用コンテンツ『劇場版 仮面ライダーエグゼイド スペシャルVR映像』では、”仮面ライダーエグゼイド クリエイターゲーマー”と謎多き忍者 仮面ライダー風魔のバトルが楽しめるようです。

※PSVR専用とは、PSVRでのみ動作するコンテンツになります。

PlayStation blogより

サマーレッスン:宮本ひかり

バンダイナムコエンターテインメントから発売されている、VR専用コンテンツになります。
コンテンツの説明は至ってシンプル!PSVR空間で主人公の「宮本ひかり」と色々なコミュニケーションが可能で、彼女がすぐ目の間にいるような体験ができます。

現在は、追加ダウンロードコンテンツも沢山あり、様々なシュチエーションでの体験ができます。
まさに普段体験できない没入感のある体験が可能なので、試してみる価値は十分だと思います。

基本パック2,980円(税込) サマーレッスン公式サイト

全国のPSVR(PlayStation VR)販売店舗

PSVR(PlayStation VR)が販売されている、オンラインショップ及び、全国の実店舗の情報をまとめております。

PSVR(PlayStation VR)販売店一覧

HTC VIVE


【国内正規品】VIVE HMD VRヘッドマウントディスプレイ HTC VIVE
自分的に一番気に入っているVR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)は「HTC VIVE」になります。

「HTC VIVE」は、世界最大級のゲームプラットフォームSteamを提供しているValve社とデバイスメーカーHTCの共同開発デバイスになり、Steamで提供されるゲームを中心としたコンテンツを遊べます。

没入感はもちろん高いですが、それ以外のアクセサリーなどを利用した体験価値が非常に高いのが特徴になります。

一番の特徴は、ルームスケール対応ですね!更にコントローラーもついてます^^
ルームスケールとは、ものすごく簡単に説明すると、リアルな場所と連動してVR空間を、自身の足で歩き回り体全体でバーチャル空間に没入できる仕組みです。

ルームスケールは、HTC VIVEに同梱されているベースステーション2台を設置する必要があり、最低でも「2m×1.5m」と2畳程のスペースが必要になります。※日本の住居だとかなりハードルが高いですが・・・

↓↓↓↓こんな感じです。↓↓↓↓

引用:HTC VIVEセットアップページより

このように、視覚・聴覚だけではなく体全体を利用した体験をいち早く提供しているのが、HTC VIVEになります。

更に、他アクセサリーでは夢のようなものもあります!それは、「VIVEトラッカー」(12,500円)です。
簡単に言いますと、現実に存在するリアルなものに装着する事で全てのものをVR空間に反映する事ができる、魔法のようなアイテムになります。

これは、空気調整をする天井に取り付けられたファンに、VIVEトラッカーを取り付け気球の動きを再現し、それを弓で狙うバカバカしいゲームですね。面白い!更に、これ以外にもアクセサリーは豊富ですね。

ただ、いい事ばかりではないです・・・PSVR(PlayStation VR)はPlayStation4が必要でしたね!開始する為に総額10万円ぐらいだったのは覚えていますか?さてHTC VIVEは・・・と言いますと、ハイスペックなPCが必要になります。

HTC推奨 PCスペック

プロセッサ: Intel™ Core™ i5-4590、AMD FX™ 8350、または同等クラスのCPU以上
グラフィックス:NVIDIA GeForce™ GTX 1060、AMD Radeon™ RX 480、または同等クラスのGPU以上
メモリー: 4 GB RAM以上
ビデオ出力:1x HDMI 1.4ポートまたはDisplayPort 1.2以上
USB: 1x USB 2.0ポート以上
オペレーティング システム:Windows™ 7 SP1、Windows™ 8.1以上、Windows™ 10

HTC VIVE製品情報

価格:¥99,800(税抜) ¥77,800(税抜)
商品内容:
Vive HMD(ヘッドマウントディスプレイ) × 1
Viveコントローラ × 2
ベースステーション × 2
リンクボックス × 1
イヤホン × 1
Viveアクセサリ × 1
安全規制ガイド × 1
保証カード × 1

【国内正規品】VIVE HMD VRヘッドマウントディスプレイ HTC VIVE

HTC VIVEコンテンツ紹介

Raw Data

Steamリリー初日にランキング1位!リリース初月に100万ドル(約1億円)の売上を記録した、VRゲームで最初に最も話題をさらったゲームではないでしょうか?
銃で撃ちまくり!刀で切りまくり!ワープもありで、ルームスケールをフルに活用した、なんでもありの1人称視点のアクションゲームです!
Steam Raw Data (3,980円)

Oculus Rift


Oculus Rift cv1 製品版 2016 オキュラス リフト (Oculus Rift cv1 製品版) [並行輸入品]

ハイエンドVR HMDと言えば外せないのが『Oculus Rift』である。

初期の発売元は、パルマー・ラッキー氏が中心となり設立された、Oculus VR, Inc.であるが、2014年にFacebookに20億ドルという巨額の買収が行われ、Facebookグループの仲間入を果たしたのは有名な話である。
実際コンシューマー版は、2016年1月から予約を受付、出荷が開始っされたのが同年3月となる。
販売時は800ドルという高額商品で販売されており、その後値下げを繰り返し、現在500ドルでの販売がされている。

HTC Vive同様没入感が高くハイエンドVRの2強の1つにも選ばれ、多くの開発者はOculus riftに魅せられVR企業を起業しているものも多い。
更に魅力とされているのは、独自のコントローラーOculus Touchコントローラーである。

Oculus Touch(米国並行輸入品)

HTC ViveはVRヘッドセットにオリジナルコントローラーが同梱されているが、Oculus Riftに同梱されているのは、Xbox Oneのコントローラーである。
実は、別途Oculus社はモーションコントローラー「Oculus Touch」を開発していたのである。
このコントローラーは日本のVR関連の開発者は、かなり多く注目していた。
2017年12月の発売時には日本のデベロッパーからも多くの「Oculus Touch」対応コンテンツがリリースされたのは有名な話である。

Oculus Rift推奨 PCスペック

OS:Windows® 7 SP1 64 bit 以降
グラフィックス: GeForce® GTX 970 / AMD R9 290 以上
CPU:インテル® Core™ i5-4590 プロセッサー 以上
メモリ:8GB以上
映像出力:HDMI 1.3
USBポート:USB3.0ポート x3、USB2.0ポート x1

Oculus Rift製品情報

価格:¥63,800(税抜)
商品内容:
Rift ヘッドセット本体
Oculus センサー
Oculus リモート
Xbox One コントローラー及びUSBケーブル
取扱説明書3部

Oculus Rift cv1 製品版 2016 オキュラス リフト (Oculus Rift cv1 製品版) [並行輸入品]

Oculus Riftコンテツ紹介

EVEREST VR

VRでエベレスト山の登頂を体験できる人気コンテンツ、普段体験できないエベレストの絶景をこの機会に体験してみては如何でしょうか?

 

【前篇】VR(バーチャルリアリティ)とは? ハコスコ、GearGear VRなどスマホ向けVRゴーグルを紹介

   

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*