【前篇】VR(バーチャルリアリティ)とは? ハコスコ、Gear VRなどスマホ向けVRゴーグルを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自分は、以前、VRの専門メディアの編集長をしていました。

今も気になるので、情報のチェックなど知らず知らずしてしまいます・・・趣味程度のレベルなのですが。

そこで、普段の記事以外に、サブチャンネル的な位置づけで日本のVR(バーチャルリアリティ)関連のニュースなどもお届けして参れればと思います。

本日は、VRとは何かを簡単にお届けします。

 

VRとは

そもそも、VR(バーチャルリアリティ)とはなんでしょうか???

バーチャルリアリティ(英: virtual reality)とは、現物・実物(オリジナル)ではないが機能としての本質同じであるような環境を、ユーザの五感を含む感覚を刺激することにより理工学的に作り出す技術およびその体系。 … 日本語では「人工現実感」あるいは「仮想現実」訳される(#「仮想現実」という訳語について)。

バーチャルリアリティ – Wikipediaより

もっと簡単に言うと、今見ている現実とは違う世界を人工的に作り出して、新たな世界(仮想現実)を様々なな方法で体験する事できます

一般的な体験方法としては、VRを体験できるヘッドマウントディスプレイを用いて、閉ざされた空間で仮想現実を体験する方法です。

私的には、上で書いた通り、「バーチャル」とは言いながら、今の世界のバーチャル版ではなく、もう1つの新たな世界の体験の方がすんなりと理解できた感じです。

VR体験環境

VR体験できる環境は様々あります、それは体験出来るクオリティーやコンテンツの種類から、購入金額まで様々ですが、わかりやすくシンプルに説明したいと思います。

モバイル版VRゴーグル

もっとも安く、簡単に体験できるのが、スマホを利用したVR環境になります。

ハコスコ

一番有名なとこで言いますとハコスコで、今ではIPOを目指す、有望ベンチャー企業になります。

一番安いものは、1200円から販売されていて、全モデルでAndroid・iPhoneに対応しているVRゴーグルになります。

ハコスコ(https://hacosco.com/product/)より

通常の2眼で体験するVR(バーチャルリアリティ)は、子供には斜視になる可能性があるとされ、特に日本では推奨されておりません。

ただハコスコは、1眼対応のものも販売しているので、子どもたちも安心して体験する事ができるのも特徴になります。

その他、360度動画のマーケットの展開や、個人同士などで360度動画の売買が出来るフリママーケットの提供など、プラットフォームとしても欠かせない存在となります。

ハコスコ製品情報

Gear VR

特定のスマホに対応して、スマホ+VRゴーグルで売り出しているメーカのものもあります。

一番有名なもので言いますと、Gear VRになります。

サムスン電子とOculusが共同で開発した、Galaxyスマホと連動して体験できるVRゴーグルとして、2015年頃に発売されたのが最初になります。

こちらもかなり早期に販売されており、Galaxyスマホでも対応している端末は、『Galaxy Note 5、Galaxy S6 / S6 Edge / S6 Edge +、Galaxy S7 / S7 Edge、Galaxy A5、またはGalaxy S8 / S8 +』などになります。

最近では、コントローラー付きの新型も発売され、新たな体験の提供を開始しています。

※旧型でもコントローラー別購入で遊べます。

コンテンツは、Oculus Storeから入手して遊ぶことが出来、他Galaxy特設ページでもオススメのコンテンツが紹介されている。

GearVRは、かなり没入感も高くリッチなど体験が可能です、ただ一つハードルがあるとすれば、上記で紹介した通りサムスンGalaxyスマホの特定の機種でしか体験する事ができないと言うことです。

価格は・・・・?スマホは除くと以下になるので、これだけでしたらまだ手が届きますね。

コントローラー付き Gear VR $129.99 
コントローラー $39.99

Gear VR製品情報

※画像各製品情報サイトより引用しております。

この他にも、日本ではまだ販売されていませんが「Google Daydream」などもGoogle社が提供する最新のスマホ向けVRゴーグルです。

これも、Gear VRと同様で「pixel」ブランドスマホでしか動作しないものになります。

更に色々なものが販売されていて、上記主要なもの以外もAmazonなどで検索するとかなり多数のVRゴーグルが販売されいます。

金額も1000円程から1万円以内でお手軽なものが多くありますが、スペックに関してはそれ程大きく変わるものではありません。

まずは、自分のスマホに対応しているか確認して値段の安いものを試してみてもいいかも知れませんね。

僕の最初のスマホ向けのオススメコンテンツは、「VR Roller Coaster」、ジェットコースター体験コンテンツになります。

Androidダウンロード

iPhoneダウンロード

ハコスコのようなダウンボール系VRゴーグルでもかなり臨場感高く、重量も感じる事ができます!

イヤフォンやヘッドフォンをして体験する事をオススメします!

【後編】VR(バーチャルリアリティ)とは? PSVRなどハイエンドHMDを紹介

■最近のVRニュース

バーチャルYouTuber『A.I.Channel』キズナアイに続き、電脳少女YouTuber”シロ”が動画4本公開!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*