グリーがバーチャルYouTuber関連事業に参入!加熱する市場に100億円規模の投資を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ガラケイ時代には人気SNS「GREE」で爆発的な利益をあげていたグリー株式会社は、市場規模が急拡大する「バーチャルYouTuber市場」に参入し、ライブエンターテインメント事業を担う100%出資の株式会社Wright Flyer Live Entertainmentを設立する事を発表したのでご紹介します。

100億円規模の投資背景

GREE社ロゴ

GREE社ロゴ

今回発表された、「バーチャルYouTuber市場」参入第一弾は、発掘・育成をメインにしたマネージメントと、動画の企画・制作から配信まで手がける事業をスタートする。

現在グリーの事業軸はSNSなどのメディア事業、それにも紐づくゲーム事業が基盤ではあるが、VR領域の中でも「バーチャルYouTuber」を軸としてエンタメ事業の立ち上げを進め、1年から2年をかけて100億円規模の事業やコンテンツへの投資を行う事発表している。

バーチャルYouTuber

2016年VR元年と呼ばれる年に最初の「バーチャルYouTuber」として誕生したのがキズナアイがパーソナリティーを務める『A.I.Channel』となり、現在では、チャンネル登録者数170万人を超えす再生数は1億回再生を記録している。

その後、四天王と呼ばれている、電脳少女シロや、輝夜 月など新生バーチャルユーチューバーが誕生している。

2018年年に入り、更に加熱する「バーチャルYouTuber市場」・・・その他VR関連事業者も一気に業態を振り切り挑んでいるのが目立ちます。

ユーチューバーがブームになり大手YouTubeマネージメント会社の独断的な囲い込みなどからユーチューバー市場価値が低下するような事にならなければいいと少し懸念も感じます。

バーチャルYouTuber関連記事

バーチャルユーチューバー『ミライアカリ』チャンネル登録者数50万人突破!記念して公式サイトOPEN

バーチャルYouTuber事業は急成長フェーズなのか!?ミライアカリ提供の「DUO」事業拡大でオフィス移転

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*