子供大喜び!ARで空中水族館を描く「海洋都市横浜うみ博2018」でアートワークショップ開催中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ARで空中水族館を描くアートワークショップ

ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスが、ARを活用して空中に絵を描く事ができるアートワークショップが「海洋都市横浜うみ博2018」で開催されているのでご紹介します。

アートワークショップ

『海洋都市横浜うみ博2018』メインビジュアル

『海洋都市横浜うみ博2018』メインビジュアル

『海洋都市横浜うみ博2018』で開催されるイベントは、【空中に絵が描ける!?巨大透明板に海を描こう!~巨大な透明板に絵を描いたり、AR体験もできるよ~】と打ち出され、、7月21日(土)~7月22日(日)の期間で開催されます。

アートワークショップでは、会場に設置された12メートルの巨大透明板にペンや画用紙を使い絵を描き自分だけの海を作る事ができます。

更に、空中に絵が浮かんで見えるAR体験会も実施されており、本体験はソニー・デジタルエンタテインメント・サービスが提供するスマホ向けARアプリ「Wonder Door」をイベント用に提供しています。

イベント概要

イベント名:海洋都市横浜うみ博2018
ワークショップ:空中に絵が描ける!?巨大透明板に海を描こう!~巨大な透明板に絵を描いたり、AR体験もできるよ~
開催日時:2018年7月21日(土)~ 7月22日(日)10時~17時
企画:学校法人トキワ松学園 横浜美術大学
協力:ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス
会場:大さん橋ホール

海洋都市横浜うみ博2018公式サイト内紹介ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*