VRエンタメで成功しているタイトル『VRカノジョ』とは?

以前、VRエンタメコンテンツは厳しさも少しは触れた事があると思うのですが、改めて現状のVR系エンタメコンテンツで成功している日本企業は殆どいません。
それだけで御飯食べれているような企業はまずいないでしょう・・・。

そんな中、唯一儲かっていると言ってもいいタイトルがありました。
それは、『VRカノジョ』になります。

続きを読む

TGS2017(東京ゲームショー)、PlayStationブース出展!その名も「PlayStation®祭 2017」

昨年は、PSVR(PlayStation VR)発売目前で空前の盛り上がりをみせた、PlayStationブース。
関係者が訪れるビジネスディであるのに、なんと3時間を越える行列を作り、想像を越える反響である事が示された。
今年も東京ゲームショー2017(以後、TGS2017)でも、PlayStationブースが出展される事が、PlayStation Blogで発表された。
「東京ゲームショウ2017」プレイステーション®ブース出展内容および「PlayStation®祭 2017」開催のお知らせ

続きを読む

京都に、ハイパーVR×ARアトラクションが!「オバケハンター」開催決定

関西にはVRなどを体験できる施設が、まだまだ少ないです。

最近できた施設ですと、SEGAさんが提供し「東京ジョイポリス」に導入されている「ZERO LATENCY VR」を、大阪府阿倍野区に「SEGA VR AREA ABENO」としてOPENされました。
せっかくなんで、「SEGA VR AREA ABENO」の事も簡単にご紹介しておきましょう。

続きを読む

怒涛の価格競争!夏の陣 ハイエンド型VRヘッドセットの戦 Windwows VRの脅威

先日は、Oculus Riftの値下げからHTC Viveの値下げ実施までを色々と書いてきました。
まず、こちらの記事を読み返して頂けると流れがつかみやすいかと思います。
怒涛の価格競争!ハイエンド型VRヘッドセットの戦 Oculus Riftの値下げの裏側
怒涛の価格競争!夏の陣 ハイエンド型VRヘッドセットの戦 HTC Vive値下げの裏側

続きを読む

怒涛の価格競争!夏の陣 ハイエンド型VRヘッドセットの戦 HTC Vive値下げの裏側

先日Oculus Riftの戦略や値引きに関する考察を書いてみたのですが、そちらを読んでいない方は、まずそちらを読んで頂いた方が流れを把握しやすいと思います。
↓↓↓↓コチラです↓↓↓
怒涛の価格競争!ハイエンド型VRヘッドセットの戦 Oculus Riftの値下げの裏側

さて、上の記事の最後で少し触れたのは、PCゲームマーケット「Steam」では、どんどんVive向けのVRゲームがリリースされており、Oculus社は値引き値引きでなんとかしようとするが、本質的にな部分でHTC社(Vive)に引き離されている実態ではないか・・・・更に、ハイエンドVRヘッドセットには他の需要を脅かす脅威が近づいている話をしました。

続きを読む

怒涛の価格競争!ハイエンド型VRヘッドセットの戦 Oculus Riftの値下げの裏側

まだ記憶にも新しい、2017年3月1日に、Oculus Riftは大幅な値引きに踏み切った・・・
【値下が価格】Oculus Rift:6万3800円、Touchコントローラー:1万2800円
その値引き額は、Oculus Rift本体は2万円もの値引きと全体の20%に近い額である。
Oculus Rift cv1 製品版 2016 オキュラス リフト (Oculus Rift cv1 製品版) [並行輸入品]
その理由は、表面的にはシェアー拡大を狙っての事だとは思うが、本当にそうであろうか?

続きを読む

VR聖地巡礼も見逃せない!『√Letter ルートレター』iOS Androidスマホ向けに配信開始!

角川ゲームスは、ミステリーアドベンチャーゲーム『√Letter ルートレター』をスマホ向け(iOS/Android)に、『√Letter ルートレター スマートフォンEDITION』として配信を開始した!今回の配信は、ゲームの舞台である地元島根県のテレビ局、山陰中央テレビジョンとの共同事業で実施されているとも発表された事に注目が集まっています。

続きを読む