【バーチャルYouTuber】VRプラットフォーム「クラスター」が、バーチャルアイドルユニットをプロデュース!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
大鳥 一姫

バーチャルイベントプラットフォーム「クラスター」を提供するクラスター株式会社が、自社でバーチャルアイドルをプロデュースする事を発表したのでご紹介します。

バーチャルアイドル(仮)

バーチャルアイドル(仮)

「バーチャルアイドル(仮)」情報解禁


バーチャルイベントプラットフォーム「クラスター」は、“全人類がひきこもりながら使えるバーチャル経済圏のインフラをつくる”という目標を掲げており、アバターなどバーチャルなキャラクターになりきりVR空間でコミュニケーションを行ったり、ライブイベントなどまで行えるプラットフォームです。

そんな、「クラスター」自身がプラットフォーム上で活動を行うバーチャルYouTuberのプロデュースを行うと発表しました。
プロデュースされるバーチャルYouTuberは、3人組の女性音楽ユニット「バーチャルアイドル(仮)」となります。

コンセプトは、“ふれ、あえる、アイドル”となっており、唄ってて踊れる女性3人組ののアイドルです。

今回の発表では、「バーチャルアイドル(仮)」のメンバー『大鳥 一姫』のビジュアルが公開されました。
『大鳥 一姫』は、『おおとり いつき』と読み、キャラクターデザインは、フリーのイラストレーター「たまかが」さんが行いました。

大鳥 一姫プロフィール

『大鳥 一姫』

『大鳥 一姫』イメージ

ユニット名:バーチャルアイドル(仮)
名前:『大鳥 一姫』
デビュー年月:2018年12月9日
特徴:ひねくれもので、人付き合いが苦手で歌やカラオケが好き

© Cluster, Inc. All Rights Reserved.

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*