Nintendo SwitchがVR対応する可能性は? VRのソースコードが・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Nintendo Switchに関して飛ぶ鳥を落とす勢いで販売が加速しており、世界の販売台数は500万台以上になります。
そんなNintendo SwitchがVR対応する可能性はないでしょうか?そんな事を考えてみました。

任天堂とVR

実は、任天堂とVRとの関わりは「20年」まで遡り1995年に原点があります。
斬新すぎて記憶に新しい人も居るのかと思いますが、1995年に任天堂から発売されたゲーム機「バーチャルボーイ」はご存知でしょうか?

Wikiペディアより

スタンドに据え付けられたゴーグル型のディスプレイを覗き込むようにしてプレイする。視差の概念を採り入れ、左右の画面に異なる映像を表示させることで立体画面を実現した。

この内容をみて分かる通り、VRヘッドマウントのような風貌で、視差の概念も取り入れ、元祖VRゲーム機と言ってもいい3Dゲーム機を任天堂は20年以上前に発売しているのです。

しかも・・・当時の価格で1万5千円で77万台も販売しているのです。

今でこそ、「VR」に関して色々と見解を示している任天堂ではありますが、どのメーカーよりも最初に視野に入れていたのです。
たからこそ、慎重に考えているのかもしれません。

Nintendo SwitchがVRに??


以前、任天堂「君島達己社長」は、SwitchでのVR対応に関して日本経済新聞のインタビューでも言及している。
更に様々なメディアが取り上げていますが、Nintendo SwitchのOSソースコードからVR対応を検討していると思われるコードが発見されたと「wccftech.com」が報じている。

上の青色で囲んでいる部分が該当するコードのようである。(エンジニアではないのでわからないのですが。。。)

このような情報が出回ると言う事はNintendo Switchでの「VR」ゲームが遊べる日も近い可能性がありますね。
任天堂の人気コンテツが自宅でVRで遊べる、そんな日がくれば「VRゲーム」の未来が開けるのではないでしょうか?

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

マリオカートをVRで遊ぶには?

実は、マリオカートをガチでVRで遊ぶ方法があります。
それは、バンダイナムコエンターテインメントが提供する「VR ZONE SHINJUKU」!
他にもガンダムやエヴァンゲリオン、そしてボトムズなど夢のようなVR体験が可能なVR体験施設です。
VR ZONE SHINJUKUマリオカート紹介ページ

VR ZONE SHINJUKU関連記事
【VR ZONE SHINJUKU】期間限定「機動戦士ガンダム 戦場の絆VR PROTTYPE ver.」稼働開始!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*