【映像あり】任天堂からダンボールで子供の夢を創る『NINTENDO LABO』を発表 ダンボールゴーグルも!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
NINTENDO LABO

2018年1月18日朝7時に任天堂より、ニンテンドースイッチ向けの新たなプロダクト『NINTENDO LABO』を発表したのでご紹介します。

NINTENDO LABOとは?

NINTENDO LABO

『NINTENDO LABO』とは、ニンテンドースイッチと連動して「つくる」「あそぶ」「わかる」をコンセプトに遊びの発明を行えるダンボール型プロダクトになります。

ピアノや、つりざお、バイク、など様々ななものをダンボールで作り、ニンテンドースイッチと組み合わせる事で、新しい遊びが提供されます。

NINTENDO LABOイメージ映像

NINTENDO LABO発売予定

バラエティーキット

バラエティーキット

2018年4月20日(金)発売の、バラエティーキットには、動画の中でも紹介されている「リモコンカー」「つり」「おうち」「バイク」「ピアノ」の5種類がセットになっており、価格は6,980円(税抜)となっており、CERO Aとなり全年齢対象で遊ぶ事ができる。

バラエティーキット紹介ページ

バラエティーキット

ロボットキット

2018年4月20日(金)発売の、ロボットキットは映像でもある通りVRを匂わすようなダンボール型ゴーグルがついており、立ち上がった状態でプレイが可能でり、価格は7,980円となっており、こちらもCERO Aとなり全年齢対象で遊ぶ事ができる。

ロボットキット ゴーグル

VRを匂わす、頭にはめ込むダンボールゴーグル

ロボットキット

立ち上がったプレイシーン

ロボットキット紹介ページ

あとがき

さすが、任天堂と言いたいワクワクが詰まったこのプロダクトは、子供の夢を新たに作り上げる事になると思います。

VRやARなどの先端テクノロジーを全面にだすのではなく、任天堂ならではの発想とテクノロジーを組み合わせる事により、デジタルとレゴの融合のような、まったく新しい体験価値を提供する事になるのではないでしょうか?

そして、自分でコントローラーなどを作ったりすることで、その仕組が学ぶこともでき、今後の子どもたちの発明心や発想力の向上にもつながるのではないでしょうか?

ロボットキットでは、ダンボール型のゴーグルをかぶりルームスケールかのような、立ち上がった状態でプレイするシーンが映像にはありました。
恐らく一人称視点をより集中できる装飾のようなもので、VRとは違うものであると思われます。

NINTENDO LABO公式サイト

※素材等任天堂公式HPより引用
©2018 Nintendo

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*