【プロ向け】8個のレンズのVRカメラと6DOF(3次元)ライトフィールドカメラがCES2018で公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Insta360シリーズ

「Insta360シリーズ」のメーカーであるArashi Vision社より、2台の革新的な次世代カメラがCES来場者向けに初披露されたと公表されたのでご紹介します。

CES2018での公開内容

8レンズ プロ用VRカメラ

1つめの発表されたカメラは、8個のレンズを搭載したプロ用VRカメラとなっており、360度カメラの全く新しいカテゴリーを作るとコメントされている。

全天球の3Dビデオを10K以上の解像度で撮影することが可能なこのカメラは、およそ12,000ドルで販売され、トップVRクリエイターのニーズに対応するとされ、4/3 イメージセンサーは、カメラに高いダイナミックレンジを与え、低照度環境でも鮮明でノイズのないショットを作り出すとされている。

詳細の仕様や、販売価格、発売日の情報は、後日発表される予定となっている。

6DOF(3次元)ライトフィールドカメラのプロトタイプ

Insta360はまた、ライトフィールドカメラ(名称未定)の新しいプロトタイプも発表された。

長方形のグリッドアレイに配置された128個のカメラを利用することで、カメラは3次元(6DOF)の180°ビデオを作成することができ、視聴者は6方向(上下、左右、前後)に動くことが可能となっており、効果としては、視聴者は実際のシーンと同じように、自分が選んだどの角度からでも同じシーンを自由に見ることができるとされており、たとえば、人の顔を正面から見ているときに少しだけ首を動かすと同じ人の顔が斜め前から見えるようになり、それまで見えなかった鼻と頬のカーブが見えるようにできるようになるという。

128カメラアレイは、映像内のあらゆるポイントで光の強さと方向の両方を詳細に表現することで、この効果を実現し、Insta360のプロトタイプは、6方向すべてでおよそ1.5フィート(0.5メートル)の範囲内での自由な動きを可能にしたとされている。

Insta360のライトフィールド技術を組み込んだ、特定の製品に関する情報は、後日発表予定とされている。

プレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*