世界、国内『AR/VRヘッドセット』2021年までの市場規模予測 国内は100万台程の普及を予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
PSVR

IDC Japanから、AR/VRヘッドセットの2021年までの世界/国内出荷台数予測を発表されましたので、ご紹介します。

2021年までの出荷台数予測

IDCの予測では、2021年に出荷されるヘッドセットの合計台数は、2017年の960万台の約6倍となる5,920万台に達すると予測されており、現状世界の市場を牽引しているのは、Gear VRのような低価格のスクリーンレスビューワーでしたが、今後は市場の中心がケーブル型とスタンドアロン型にシフトし、スクリーンレス型はシェアを失うことになるだろうと予測されています。

2021年にはスクリーンレス型のシェアはVR市場全体の14.8%となり、2017年の58.8%から大きく後退する見込みとよそくされている。

ビジネス分野での、ケーブル型およびスタンドアロン型のVRヘッドセットは、出荷台数が2017年の合計100万台から2021年には合計1,260万台に成長すると予測されており、ケーブル型およびスタンドアロン型のARヘッドセットの2021年出荷台数は1,560万台に増加するとみられている。

国内での予測に関しては、2021年に出荷されるヘッドセットの合計は、2017年の30万台の約3.6倍となる108万台として、ARヘッドセットが8万台、VRヘッドセットが100万台としている。

世界AR/VRヘッドセットタイプ別構成比予測 (2017年~2021年)

世界ヘッドセット出荷予測

国内AR/VRヘッドセットタイプ別構成比予測 (2017年~2021年)

国内ヘッドセット出荷予測

IDC Japanプレスリリース

あとがき

現在のPSVRの販売台数の出荷台数予測が20万台程度だと考えると、2017年の30万台は近い数じなのかなと考えれます。
ここから、4年で100万台までしか伸びないと考えられている場合、本当の日本でのVR元年はまだまだ先になりそうですね。

ただ、現在の流通量から考えると現実的な数字なのではないかと思ってもあります。

ARに関しては、ヘッドセットこそは浸透しないとは思いますが、技術として市場は規模の拡大は大きく進んでいると予測します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*