凡人フリーランスとして生きるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先日の記事は「税金の落とし穴」について書きました。

退職しUターンして、どのように生活基盤を作っていくのか?そんな事を日々模索しているところであります。

エンジニアなどの職の方であれば、最近はクラウドサービスやフリーランスエンジニア向けの仕事紹介企業も増えています。

ただ、文系となるとどのような事ができるのか??を考えて見たいと思います。

凡人フリーランス

そもそもフリーランスとは??

僕の考えるフリーランスとは、企業などの団体に所属せずに、個人の裁量で働き方かなと考えています。

ウィキペディア引用

フリーランスは、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの才覚や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。略してフリーと呼ばれる。企業から請け負った業務を実際に遂行する本人をフリーランサーと呼ぶ。日本語では自由契約。

これだけを見ると、「自由に自分で選択して自分の技能から収入を得る」素敵な働き方ですね。

私も、そう思いますが、ただ自分の裁量になるという事は仕事を探すのも自分です。

  • 企業を退職する際などにフリーランスに向けて動きを行い仕事を貰える状態でスタートする人
  • エンジニアやデザイナーなどで、明確な技術を持ち一から望む人
  • 自分の営業力を活かして仕事を請負人

様々なタイプが居ると思われます。

例えば、東京などに在住していれば営業力がある人もかなり強みとして、パフォーマンスをだせると思いますが、田舎のローカルに引っ込んでしまうと、営業する先がそもそも少なくなりますね。

エンジニアなら、地方にいても技術力とコミュニケーション能力で十分やっていけると思われます。

やはり、自分の技能が何かにより、どのように仕事をしていくのハードルはかなり変わっていきます。

いわゆる文系で田舎でできる技能で最初にでてくるのは、「ライター」的な仕事が分かりやすいです。

ただ、ライティング能力があっても、どのジャンルに強くて実績があるかにより仕事量も随分変わってきますね。

最近はスマホ系のゲームライターなどは比較的仕事量が多いかと思います。

更に、自分が誰よりも好きでハマっていて、そのゲームでは有名アカウントなどになると、ライティング能力や経験より、その個性が優遇されるケースもあります。

このように、フリーランスにも色々なタイプが居て、住む場所や技能により向き不向きもあると言うことになります。

田舎でのフリーランス

僕の方はライティング経験もあるので、ライターで食べていけるのか?と聞かれると・・・ジャンル問わず探せば食べていけるかも知れませんね?という答えになります。

決して最初は単価も高くないでしょう、実績がでてきて相手側から依頼がくるレベルにならなければライター業務も決して儲かるものではないです。

ただ、その人しか書けないような特別な知識や得意分野があると、まったく別の話になるかと思います。

やはり、これもその人によりけりではありますが、始めることは初心者でも可能です!そこからどのようなライターになるかは誰もわかりませんので。

それ以外で言いますと、営業代行・プロモーションプランナーなどになるでしょうか?デジタルコンテンツなどをつくるような企業も僕の地元には殆どないですから・・・

最近感じているのは、田舎の企業には広報などの概念が殆どありません・・・ないというよりも必要ないの方が正しいかも知れません。

ただ、滋賀県なら観光に関して非常に力をいれているので、その辺りの広報活動はまだまだ盛んではないですし、アイデアも少なそうな印象があります。

私は、広報の専門ではありませんが、色々なコラボレーションやプロモーションを仕掛けてきた経験と、メディア編集長という立場にいた事から記事化したい取材したいと思うものを冷静に考えられるのはないかと思います。

そう考えると、私の技能がマッチングする可能性はありそうとイメージするとこまでは出来る職種です。

ただ、裸一貫で県の観光部門に飛び込んでも『誰だ?こいつ』となる可能性も高いですね。

※一概にそうは言えないので、飛び込むのも1つの方法かも???

僕の場合は、何か面白い滋賀県ならではのプロモーション企画に関われないか?と考えていたりします。

そこは、仕事というよりは仕事に繋げるための活動的な考え方でおります。

滋賀県という土地を知り、そこからどこに何を仕掛けるか一から考えて仕掛けた実績があるか、ないか、これは大きく違うのではないだろうか?と考えます。

例えば実績なく売り込まれた場合、「それは東京だからできた事でしょ?」「それは、お金のちからでしょ?」「都会と田舎は違うから・・・」など色々感じる事も多いのではないかと思います。

結論で言えば、自分の技量を知り、今の環境の何処にマッチングする事でニーズが生まれるのか?誰も問題を解決できるのか?など考えて逆算していく事も、1つ手段になるのではないかと思います。

あとかぎ

まだ、厳密には自身がフリーランスなのか?転職なのか?など、どのように生きていくか迷いもあり腹がくくれていません。

ただ、じっとしてはいられないので、日々色々探しているのが現状です。

滋賀県の中で、こんな事を「県内にむけてアピールしたい!」「県外に向けてアピールして行きたい!」「世界に向けてアピールしたい!」そんな事があればご連絡お待ちしています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*