土器の視点来場者を見つめる!?『DOKI・DOKI・VR~もしも私が、土器だったら~』公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
DOKI・DOKI・VR~もしも私が、土器だったら~

東京都福生市役所が、福生市内で開催されている福生市郷土資料室企画展示「西多摩の埋蔵文化財展」の開始に合わせて、VRプロモーションムービー『DOKI・DOKI・VR~もしも私が、土器だったら~』を公開したのでご紹介します。

DOKI・DOKI・VR~もしも私が、土器だったら~とは

DOKI・DOKI・VR

DOKI・DOKI・VR 土器視点体験イメージ

『DOKI・DOKI・VR~もしも私が、土器だったら~』とは、土器の視点から来館者を眺める360度VRショートムービーです。

福生市郷土資料室で開催されている、福生市郷土資料室企画展示「西多摩の埋蔵文化財展」は、青梅市、福生市、羽村市、あきる野市など西多摩4市が共催しており、各市で出土した代表的な縄文土器等の遺物、約80点を集めた展示となっています。

DOKI・DOKI・VR

DOKI・DOKI・VR土器視点体験イメージ「二度見」


本ムービーは、この展示会の土器の視点から来場者を眺める事ができるという、コミカルからシンプルで非常に不気味にも感じる企画になっています。

コンテンツ概要

タイトル名:『DOKI・DOKI・VR~もしも私が、土器だったら~』
フォーマット:360度VR動画
体験時間:1分09秒
公開開始日:3月7日(水)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*