スポーツ観戦が変わる!リアルとバーチャルを行き来する『Fanglass』を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Face Flick

株式会社電通が、今後市場拡大が見込まれるスポーツ・エンターテインメント領域のVR(バーチャルリアリティ-)ビジネス開発支援体制を強化すると発表したのでご紹介します。

電通は、これまでも、スポーツ観戦の没入型ライブ中継サービス用のVRプラットフォームを開発する米国「LiveLike Inc.」への出資や、グループ横断組織「Dentsu VR Plus」の発足などとVRに関する領域に向けて能動的な活動を行いビジネス化を加速してきました。
その中でも、特にスポーツ・エンターテインメントコンテンツが有望分野であると考え、内部・外部含め体制の強化に踏み切ったと発表し、今回スポーツ・エンタテインメントコンテンツ体験コンテンツの第一弾として、リアルとバーチャルを行き来する観戦体験プロトタイプ『Fanglass』を開発したとしている。

『Fanglass』概要

『Fanglass』

『Fanglass』体験イメージ

『Fanglass』は、スポーツ観戦に最適化したUI・UXを搭載し、VRゴーグルを装着するだけで、VRスポーツ観戦へと移行できます。

その内容をサッカーで説明すると、ゴール裏やVIPラウンジなど様々ななアングルからのサッカー観戦を楽しむ事ができます。

更に、『Fanglass』に搭載されているソーシャルVR機能を活用する事で、離れた場所で観戦している友人などとバーチャル空間でアバターとしてコミュニケーションが可能となり、一緒のに観戦する事が可能となります。

『Fanglass』は、大きく2つの要素で構成されており、1つ目は直感的に操作可能なVR によるUI「Face Flick」となります。
顔を向けるだけで直感的に欲しい情報を選択できるUI「Face Flick」は、既存VRで活用されるUIに依存せずに、独自にユーザーの利便性を一番に考えて設計されていいると発表されています。

特殊設計のVRゴーグル

特殊設計のVRゴーグル


2つ目は、特殊設計のスマホ向けVRゴーグルとなり、開いた状態から一瞬で磁石によって組み立てる事ができます。

電通プレスリリース:電通、スポーツとエンターテインメントに特化したVRビジネス開発支援体制を強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*