車椅子型VRレーサー『CYBER WHELL』が、2017年度グッドデザイン賞を受賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

パラスポーツエンターテイメント「CYBER SPORTS(サイバースポーツ)」プロジェクトで提供されている『CYBER WHELL(サイバーウィル)』が2017年度グッドデザイン賞を受賞したと発表されたのでご紹介します。


受賞のポイントは、パラスポーツのトップアスリートの世界をVRを用いて追体験できる、新しいチャレンジということや、エンターテイメント性の高さを、高く評価していただきましたと発表されている。

グッドデザイン賞ウェブサイトでの紹介ページ:CYBER WHELL(サイバーウィル)

「CYBER SPORTS(サイバースポーツ)」プロジェクトを仕掛ける、株式会社ワン・トゥー・テン・ホールディングス、代表取締役社長 澤邊芳明からのコメントをご紹介します。

「CYBER SPORTS」プロジェクトは、パラスポーツに対する認識・行動に対し、認知ではなく体験を通じて変容を促す活動であり、その全体のコミュニケーション設計=デザインを評価いただけたことを嬉しく思います。
スペキュラティブデザイン※ の実践として、「CYBER SPORTS」プロジェクトは引き続き発展させてまいります。
※スペキュラティブデザインとは
課題解決型ではなく、課題提示型のデザイン。課題を提示することで、新しい視点を切り開く。

CYBER WHEELとは

体験できる特徴は?

・5つのステージを駆け抜けタイムトライアルできます。
・車椅子型の専用コントローラーを採用されています。
・体感できるスピードは、世界のロードレースと同じ速さを再現されている。
・パラ選手のトップ選手のスピードを追体験可能なようです。

スペック(仕様)

・全長:2150mm 幅 820mm 高さ 630mm
・重量:45kg
・乗車定員:1名
・ボディカラー:マットダークグレー、グロスダークグレー、ウレタン樹脂塗装仕上げ
・シート:グラスファイバー製
・タイヤ&ホイール:グラスファイバー製、前輪 16インチ 後輪 26インチ

イメージ

「CYBER SPORTS」プロジェクト:http://cyber.1-10.com/

現在は、「CYBER SPORTS」プロジェクト第二弾として開発された、スポーツのボッチャをテクノロジーで拡張した「CYBER BOCCIA(サイバーボッチャ)」(http://cyber.1-10.com/boccia/)も提供されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*