【バーチャルYouTuber】パーマンの世界がバーチャルに登場!コピーロボットが可動か?VRプラットフォーム『AvaTalk』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
『AvaTalk』

VR・ARアニメ関連制作を強みにもつ「Gugenka®」より、バーチャルYouTuberの中の人の代わりに稼働してくれる『コピbot』と、Oculus Go専用プラットフォーム『AvaTalk』の開発を行っている事を発表したのでご紹介します。

コピbot

コピbot

『コピbot』利用イメージ

バーチャルYouTuberは、画面の中で話している演者アタバーの中には、演じている中の人が存在しバーチャルYouTuberとして稼働しているのと同じだけ中の人の時間が必要になります。

例えばリアルにタレント活動をしていたり、他に本業をもっている人は忙しく時間を取るのが難しくなってきます。

そのような、問題を解決はかるために開発が進んでいるのが『コピbot』となり、音声認識技術で文字を起こし、音声合成の技術で決まった音色で話す事が可能になるとの発表です。

タレント本人の稼働をコピーする事で、新たな活動領域が誕生していき、ビジネスとしての領域も大きく広がるのではないでしょうか?

AvaTalk

『Ava Talk』ロゴイメージ

『Ava Talk』ロゴイメージ

『Ava Talk』は、オールインワン型VRゴーグル「Oculus Go」を利用して、複数人でコミュニケーションが行えるVRソーシャルプラットフォームアプリです。

現状は一般公開を行っておらず、会員限定プラットフォームとして稼働していると発表されています。

Gugenkaでは、カクカクとしたポリゴン感のある表現を「カクルック」と名付け、3DCGとは異なるの3DCGアバターのデザインも行っています。

「カクルック」イメージ動画

ソーシャルVRプラットフォームアプリ『AvaTalk』公式サイト

© Gugenka®

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*