デジタルペーパークラフトや水族館など、ファミリーで楽しめるAR体験が提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

株式会社スペースクリエイションズが、AR体験ができるファミリー向けデジタル水族展「マリンダイブ」と、仮想空間にて一緒に楽しむことができるこども向けデジタルペーパークラフト「マジカルライド」の展開を開始すると発表したのでご紹介します。

デジタルAR体験

今回、株式会社スペースクリエイションズは、デジタルを活用したリアルイベント向けコンテンツ2種類を準備した。

その内容は、図鑑のような巨大なボードに描かれた海を泳ぐイルカやサメなど生きものたちが飛び出し、水中写真の中に入り込んだりするAR体験コンテンツ「マリンダイブ」と、塗り絵したペーパークラフトの乗り物を仮想空間上で自由に動かし、家族で一緒に仮想空間で楽しむことができるコンテンツ「ARマジカルライド」となります。

マリンダイブ

マリンダイブ

マリンダイブ体験イメージ画像

「マリンダイブ」とは、一眼のVRゴーグルにスマートフォンを差し込み、まるで図鑑のように生きものの生態が掲載されている巨大ボードをのぞき込む事ができ、、そのボードの中から生きものがほぼ等身大で飛び出してきたり、実際の海で撮影された、水中写真が動き出したり、水中の中の360度映像を利用して、まるでその中に入り込んでいるかのような体験ができる、デジタル水族展となっています。

ARマジカルライド

ARマジカルライド

ARマジカルライド体験イメージ

「マジカルライド」とは一眼のVRゴーグルにスマートフォンを差し込み、乗り物に色塗りをして、それをスマートフォンで覗くと、3Dで色塗りをした乗り物が現実世界に出現し、その乗り物を専用コントローラーで動かすことが出来るこども向けのデジタルペーパークラフトとなっています。

両コンテンツ共に子供でも体験できるように1眼VRゴーグルを採用しているので、家族での体験なども行えるのが特徴です。

初回の展示は、2018年5月3日~6日にイオンモール幕張新都心で開催される、デジタルテーマパーク「ワンダフルプラネット」となります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*